東京のパーソナル水泳教室「Suiie(スイイー)」の新着情報詳細

インターハイ、全国中学、JO、関東大会にでる選手たち。

2021 年 07 月 19 日

こんばんは。
うちのクラブで、全国大会にでている選手たちは、
すべての選手に共通しているのは、耐える力がある
ことです。
関東高校、関東中学に出る選手たちも同じことが
いえます。
物事すべてを他責にしない。そのあたりはすべて
自己責任ととらえています。

途中で諦める選手や物事や敗因を、指導者や
怪我の責任までコーチの責任するような選手には
まずこのあたりの目標は達成できません。

結局そういう選手たちや親御さんはどこでも
同じ考えをして、成功しないようになっています。

全国大会にでた選手が怪我をして、壊したとか
言われたことはなく、そういう選手は治療します。
このあたりで治るときから次の動作にむいています。

私は、選手や親御さんとの会話から覚悟を確認して
います。

五輪選手や世界王者に五体満足に怪我のない
選手はいません。

みんなギリギリまでやっています。
ギリギリまでやっても、結果が伴わないときに
初めて責任が指導者にでてきます。

全国大会にでたい選手や親御さんは、
覚悟を持ってきてほしいです。

覚悟がない選手を追うつもりはありません。

練習を休まないのは当たり前です。
その上に何倍努力できたかが大事です。

それでメンタルは強くなります。